FC2ブログ

プロフィール

 K・YAMADA

Author: K・YAMADA


高校卒業以来、鍼灸の世界に入って、日々診療に従事しています。
2002年に岐阜市にて、鍼灸治療専門の「東生治療院」を開院。
・全日本鍼灸学会認定者


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ツボ

鍼灸(はりきゅう・しんきゅう)治療。
残念ながら、“鍼は痛い!”“灸は熱い!”と、思われちゃう。
これはしょうがないのよね~。
“鍼灸”という言葉を換えなきゃ、未来永劫、このイメージを覆すことはできないでしょうね、、。

実際、治療を受けたら、そんなことはないのよ。

これまた残念ながら、実際に1回でも鍼灸治療を受けたことがある人は、かなり少ない、、。
そこで、少し鍼灸の世界を紹介させて頂くわ。

鍼灸治療で使うツボ。ツボは経穴(けいけつ)とも言うんだけれど、全身にどのくらいあるかご存じ?
覚え方はね、「1年に365日あるが如く、人間の体には365のツボがある」のよ。

体の場所によって、右と左にツボがあったり、体の真ん中は1個とカウントすると、全身には700ぐらいの数になるかしら。

そして1つ1つのツボには、名前があるのよ。
名前があるということは、“ツボの意味”があるの。

治療には関係ないけれど、ツボの漢字は書くと難しいんだから。
でも、国家試験はマークシートだから、漢字が書けなくても関係ない、。

もうちょっと行くわよ。頑張ってついて来て。

ツボとツボを結ぶ線があるの。
これを経絡(けいらく)と言って、目には見えない“気”という物が流れていると、鍼灸の世界(東洋医学)では考えられているわ。

この経絡、12本ある。(本当は14本だけど、ここでは便宜上12本とするわ。)
これまた覚え方はね、“1年は12ヶ月あるが如く、人間の体には12本の経絡がある”のよ。

12本の経絡も、名前があるわ。
参考までに、ココをちょっとだけ見てちょうだい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousei02.blog.fc2.com/tb.php/93-401e83d5

 | ホーム |  page top