FC2ブログ

プロフィール

 K・YAMADA

Author: K・YAMADA


高校卒業以来、鍼灸の世界に入って、日々診療に従事しています。
2002年に岐阜市にて、鍼灸治療専門の「東生治療院」を開院。
・全日本鍼灸学会認定者


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

食物アレルギー

まずは、毎日新聞10月18日の記事から。

『【<食物アレルギー>子供の過剰制限は逆効果 栄養障害誘因も】

 食物アレルギーを起こしやすい卵や乳製品などを子供が食べるのを過剰に制限した結果、アレルギーの悪化や栄養障害を起こす事例が出ていることが、複数の調査で分かった。
保護者らがアレルギーの発症を過剰に恐れている実態があるようだ。
19日から横浜市で開かれる日本小児アレルギー学会で発表される。

 東京都立小児総合医療センターでは、食物制限後にO脚などを発症した子供が、過去5年間に5人受診。
うち4人に、栄養障害で骨が変形する「くる病」の症状を確認した。
5人とも湿疹やアトピー性皮膚炎を治すために卵と乳製品を除去しており、魚も取らせていない例もあった。
3人は保護者が自己判断しており、こうした食事の結果、ビタミンDが不足したとみられる。

 調査した清水麻由医師は「不必要だった食物除去で、逆に病気を生んでしまったが、親は『子供のため』と思っていた」と語る。

 東京都八王子市の松本勉医師の調査でも、アトピー性皮膚炎などを改善するため食物除去をしていた147人のうち、逆にアレルギー反応が強まった子が複数あり、うち2人は強いアナフィラキシーと呼ばれるアレルギー反応を起こしていた。
明らかに皮膚炎が改善したのは10人だけだった。

 国立成育医療研究センターの大矢幸弘・アレルギー科医長は「最近は、こうした食物の摂取を遅らせる方がアレルギーを起こしやすくなるとの研究もある。
食物除去は必要最低限にすべきだ」と訴えている。        【田村佳子】』


 数年前の最新の食物アレルギーの治療は、「患者を入院させて、医師の管理下でアレルゲンとなる食べ物を、徹底的に食べさせる」というものがあったわ。そうすると、アレルギー症状を引き起こすから、点滴や注射を施す。そして、また原因食を摂らせる。そして、治療をする。
そうするうちに、アレルギー症状が無くなっていくというもの。

花粉症治療で言えば、“減感作療法”。
ことわざで言えば、“毒をもって毒を制する”というやつね。

しかし数年後、この治療は思った程、効果が出ないことが判明したの。
現代医学の流れは非常に早いのよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousei02.blog.fc2.com/tb.php/86-79897dd0

 | ホーム |  page top