プロフィール

 K・YAMADA

Author: K・YAMADA


高校卒業以来、鍼灸の世界に入って、日々診療に従事しています。
2002年に岐阜市にて、鍼灸治療専門の「東生治療院」を開院。
・全日本鍼灸学会認定者


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

喫煙男性、海藻など摂取多いと肺がんリスク増

アタシは、岐阜市で鍼灸治療院「東生治療院」を運営しているわ。
今日も十八番の、新聞記事をパクるわね。

『【喫煙男性、海藻など摂取多いと肺がんリスク増 含有のヒ素影響】

 海藻や魚介類にわずかに含まれる「ヒ素」の摂取量が多く、喫煙する男性は肺がんのリスクが高まるとの分析結果を、国立がん研究センターなどのチームが5日発表した。
喫煙しない男性は、摂取量が多いほどリスクが下がった。
チームは「肺がん予防にはまず禁煙」と呼びかけている。

ヒ素は国際がん研究機関により発がん物質に分類される。
ただし、ヒ素を多く含む海藻などには、がん化を防ぐ抗酸化作用も認められている。

 チームは食生活を通したヒ素の摂取とがんの関連に着目。
9府県の45ー74歳の男女9万378人を約11年間追跡した結果、7002人が何らかのがんを発症した。

 食習慣から推計したヒ素の摂取量に応じて比較したところ、男性の肺がんだけに関連が見られた。
中でも喫煙男性は摂取量が多いほど肺がんリスクが高く、非喫煙男性は逆に低くなった。

ヒ素に汚染された井戸水などを大量に摂取すると肺がんリスクが高まることは知られていたが、食生活で取り込むヒ素との関連が明らかになったのは初めて。
同センターの沢田典絵予防研究グループ室長は、「喫煙者はヒ素を体外に排出する働きが低下し、毒性が肺に影響した可能性がある。
一方、非喫煙者は海藻などが持つ抗酸化作用の恩恵を受けているのではないか」と分析する。

(毎日新聞社)2013年7月5日)』

 喫煙するメリットとしては、以下のことが考えられるかしらね。
①タバコが美味しい。⇒ 何故こんな美味いものをやめる必要があるのよ!
②ストレスが緩和される。⇒ ストレスは病気の天敵だわ。
③吸う姿が絵になる。 ⇒ 惚れないでね!
④国の税収に貢献する。 ⇒ 国の行く末を案じているのよ。

 喫煙するデメリットは、以下のことが頭に浮かんだわ。
①肺がんや他の呼吸器疾患にかかりやすい。 ⇒ まだまだ元気でいて欲しいわ。
②副流煙で他人を不快にし、病気にさせる。 ⇒ こちらがストレスになるわよ!
③口が臭いわ ⇒ ガッカリよ、、。
④病気になると、医療費がかかる。 ⇒ 病院などは儲かるけれど、。

 肺の疾患にかかると、普通に空気が吸えるありがたみを実感すると思うわ。
 患者さんを見ているとね、、。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousei02.blog.fc2.com/tb.php/62-74d6236f

 | ホーム |  page top