プロフィール

 K・YAMADA

Author: K・YAMADA


高校卒業以来、鍼灸の世界に入って、日々診療に従事しています。
2002年に岐阜市にて、鍼灸治療専門の「東生治療院」を開院。
・全日本鍼灸学会認定者


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルツハイマー治療薬、「漢方薬」併用で効果アップ

基本的には、ブログを更新しないけど、そのまま残しておきます。 

『【アルツハイマー治療薬、「漢方薬」併用で効果アップ】

 アルツハイマー病の治療薬と、市販の漢方薬「人参養栄湯(にんじんようえいとう)」を併用することで、患者の認知機能低下や病気に特徴的なうつ状態に回復傾向がみられたと、慶応大などのチームが近く、日本老年精神医学会の英文誌に発表する。
 
 今後、投与する患者数を増やし、効果の検証や仕組みの解明を進めるという。

 アルツハイマー病患者の脳では、情報をやり取りするための神経細胞の突起を包む「ミエリン」と呼ばれるさやが失われることが分かっている。

 チームが、アルツハイマー病マウスに、さまざまな薬剤を投与したところ、人参養栄湯では、失われたミエリンが再生されることに気づいた。

 人参養栄湯は病後の体力低下や疲労回復などに使われる。

 自ら意思を決められる中程度の進行度の患者を選び、同意を得た上で、2011年から2年間、既存の治療薬「ドネペジル」(毎日5ミリグラム、商品名アリセプト)と人参養栄湯(同7・5グラム)を患者12人(平均年齢75歳)に投与。

 ドネペジルのみの患者11人(同75歳)と、症状の変化を比較した。

 その結果、6カ月後には、併用した患者群ではドネペジルのみの患者に比べ、うつ状態を示す数値が改善し、その効果は2年続いた。

 また、記憶や判断力などの認知機能もほぼ同様の効果があった。

 一方で、妄想や無関心など他の症状では両者に差がなかった。

 チームの阿相(あそう)皓晃(ひろあき)・慶応大講師(神経科学)は「患者や家族にとって朗報になっている。

 人参養栄湯のみでも有効なのか、重度の患者に効果があるのかなど、研究を続けたい」と話す。 【田中泰義】
(2015年04月07日 毎日新聞より)』

 期待したいわね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousei02.blog.fc2.com/tb.php/232-47b5bde1

 | ホーム |  page top