FC2ブログ

プロフィール

 K・YAMADA

Author: K・YAMADA


高校卒業以来、鍼灸の世界に入って、日々診療に従事しています。
2002年に岐阜市にて、鍼灸治療専門の「東生治療院」を開院。
・全日本鍼灸学会認定者


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

がん診断後の自殺リスク

新聞記事ね。
長いし、興味あれば読んで下さいね。

『【がん診断後、自殺リスク 1年以内20倍 10万人調査】

 がんと診断された患者が、診断後1年以内に自殺する危険性は、がん患者以外の約20倍に上るとの調査結果を、国立がん研究センターの研究班がまとめた。
1年以上たつと差がなくなり、研究班は「診断後間もない時期は、患者の心理的ストレスや環境の変化などに特に注意する必要がある」と分析する。

■サポート充実必要
 病気と自殺の関連に着目した初の大規模疫学調査で、9府県に住む40~69歳(調査開始時)の約10万人を、2010年末までの約20年間追跡した。

 その結果、追跡期間中に561人が自殺で亡くなり、うち34人はがんと診断されていた。がん患者以外の人が自殺する危険性を1とした場合、診断後1年以内の患者の危険性は23.9倍に上り、1年以上たつと1.1に減った。
自殺が相当数含まれていると考えられている事故などの「外因死」の危険性も、診断後1年以内は18.8、1年以上は1.2と、同じ傾向だった。

 スウェーデンで約600万人を対象にした調査では、診断後1週間以内の自殺の危険性が約13倍、1年以内では約3倍だったとのデータがあり、日本より低い。

 一方、欧米ではがんが比較的早期のグループほど自殺の危険性が低いとの調査結果があるが、今回の分析では、がんの進行度による違いはほとんどなかった。

 がんは、日本人の2人に1人がなり、死因の約3割を占めるが、治療技術の進歩などで、5年生存率は03~05年の統計で5割を超えている。
特に早期で発見された時の5年生存率は約9割で、必ずしも死に直結する病気ではなくなった。
このため国が12年に定めたがん対策推進基本計画では、死亡率の減少と同時に「がんになっても安心して暮らせる社会の構築」を全体目標に掲げている。

 分析した国立精神・神経医療研究センターの山内貴史研究員は「死のイメージが強いがんと診断されたショックに加え、治療による生活の変化、人によっては失業や生活苦などが最初に重なり、自殺の危険性を高めていると考えられる。海外の調査と研究手法に違いはあるが、早期がんも進行がんも変わらず危険性が高かったことは、治るがんが増えていることなどを丁寧に説明し、サポートすることが必要といえる」 と話す。

(毎日新聞 2014年4月22日より転載)』

先日も、米俳優のロビン・ウィリアムズさんが自殺されたしー。
がんじゃなく、うつ病だったようだけど、。
残念、、。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousei02.blog.fc2.com/tb.php/179-caf326d4

 | ホーム |  page top