プロフィール

 K・YAMADA

Author: K・YAMADA


高校卒業以来、鍼灸の世界に入って、日々診療に従事しています。
2002年に岐阜市にて、鍼灸治療専門の「東生治療院」を開院。
・全日本鍼灸学会認定者


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

人間ドック

小保方晴子氏のSTAP細胞論文、不正になっちゃたわね。
STAP細胞自体は、存在して欲しいけれど、。
論文自体は、“ちょっとお粗末ね”と言われても仕方がないかもよ。


医学界ではSTAP細胞問題の他に、人間ドック学会が発表した、新たな健康基準値の問題が話題になっているわ。
皆さんは、この話題ご存じ?

人間ドックを受けた150万人の人のデータを、2年間にわたって解析した、とても貴重なデータよ。
年齢、性別での違いも、考慮した値なの。
それによると、今までの基準が大幅に緩和されたわけ。

今まで薬を服用していた人が、新たな基準値に沿うと、薬を服用する必要がなくなっちゃうわけ。
混乱しちゃうでしょ?
人間ドック学会も、発表の3日後に“今すぐ判定基準を変更するものではないわ”と、お断りの文書を出すはめになっちゃった。

薬を服用する基準値が低ければ、患者さんは増えるわね。
お薬も大量に製造し、供給しなくちゃいけないわ、。

生活習慣が悪くって、異常値になってしまったら、まずは生活習慣を改めるのが大事よね。
年齢と共に、自然と数値が高くなってしまったら、それって不自然なことかしら?
無理して下げる必要ってあるわけ?

混迷が続きます。
ひとまず、自分で良く考えましょうね。

    人間ドック

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousei02.blog.fc2.com/tb.php/151-9d4e3dff

 | ホーム |  page top