プロフィール

 K・YAMADA

Author: K・YAMADA


高校卒業以来、鍼灸の世界に入って、日々診療に従事しています。
2002年に岐阜市にて、鍼灸治療専門の「東生治療院」を開院。
・全日本鍼灸学会認定者


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

鍼治療の術後疼痛管理

アタシは、岐阜市で鍼灸治療院「東生治療院」を運営しているわ。
今日は医学雑誌から記事をパクるわね。


『【鍼治療による小児患者の術後疼痛管理の取り組み】

米国カリフォルニア州のテレビニュース局NBC7は、2013年12月17日付のニュースで、小児患者の術後疼痛緩和に鍼治療を用いている、外科医の取り組みを放映しました。

このニュースでは、カリフォルニア州サンディエゴの病院に勤務する外科医が、18歳の女性患者の鼻の中のポリープを切除する際に、鍼治療をしている様子と、その効果を伝えています。

その中で、米国FDAは2012年から、扁桃切除手術を受けた小児患者に対する痛み止め薬(コデイン)投与を禁止しており、この外科医はその代替として鍼治療を用いていると述べています。

ニュースでは、この外科医は31人の小児扁桃切除患者を対象に、コデインの代わりに鍼治療を用いた際の疼痛緩和効果について、臨床研究の結果を発表しており、その有効性は立証されているとも伝えています。

さらに、「こうした安くて安全な鍼治療による術後の痛み管理法は、もっと広まるべきだが、多くの外科医は鍼治療が儲からない医療であるため使用を避けている」との外科医のコメントも紹介しています。
[米国NBC 7San Diego]
http://goo.gl/qGNTyE

(中田健吾著:医道の日本 2014年1月号より転載)』

今や、アメリカ合衆国、英国などの方が鍼治療は盛んで、ブームなのよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousei02.blog.fc2.com/tb.php/129-e660abf1

 | ホーム |  page top